« 新旧 | トップページ | パープリン »

2008年3月11日 (火)

ホーリーブラウニー

Dscn3676_2

写真は最近買った本いろいろ…まぁ漫画ばっかりですが。さすがにこの歳になると本屋さんで漫画をレジに持っていくのが恥ずかしいけど、読みたいので頑張って買うのだ(沖縄の本屋さんは人気作以外の入荷が遅いので、店頭で見つからない場合はamazonで買ったほうが早いこともある)。
柏原麻実の『宙のまにまに』は月刊アフタヌーンに連載が始まったときから読んでいたが、我慢できなくなって単行本を購入した。作者の経歴はまったくわからないが、恐ろしく絵が達者で画面構成も美しい。単行本になると原稿がかなり縮小されてしまうためスクリーントーンが若干潰れ気味なのが惜しいところだ。高校の天文部を舞台にした物語で、話のテンポ&ノリが良く、スッキリした絵柄も相まって爽快な読み心地。
木村紺の『巨娘』はやはりアフタヌーンに掲載された作品で、『神戸在住』という繊細な詩情あふれる長編を描いて人気を博した作者のダークサイド云々と物議をかもしたようだが、『神戸在住』単行本の表紙カバーをはずしてみればもともと作者の持っている世界の1つなのだということは容易に理解できるだろう。小娘ならぬ巨娘・ジョーさん(身長181cm)、ズーンズーンと歩くたびアスファルトに足跡ができるのがカッコよすぎ。

僕のイチオシは六道神士の『ホーリーブラウニー』である。少年画報社系列の雑誌で散発的に掲載されてきた読切り連作をまとめたもので、基本的に有名な童話や神話をモチーフに解体を試みた作品。元ネタにはヘンゼルとグレーテルあり、ノアの方舟あり、人魚姫あり、赤ずきんちゃんあり、時代と空間を自在に行き来して神様の意思を代行する仕事人(タイトルからわかるとおり正確には人ではない)が歴史をあるべき状態へと導くべく人間の様々な行動に介入する。倫理的にアレなシーン満載、全編ブラックユーモアに満ちており徹頭徹尾シニカルな視点をもって描かれているので読み手を選ぶかもしれないが、作者の振り切れっぷりは一読の価値アリだ。

他の漫画に関してはまた今度。

|

« 新旧 | トップページ | パープリン »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/40468706

この記事へのトラックバック一覧です: ホーリーブラウニー:

« 新旧 | トップページ | パープリン »