« おもいでエマノン | トップページ | ネックポケット 2 »

2008年6月 4日 (水)

ネックポケット 1

Dscn4570

Alleva-Coppolo LG5のネックポケットはこんな感じで、固定用のネジを通す穴が4カ所にあり、これらの穴にはネジ山が切られておらずネジは素通りするだけだ。他に小さな穴が2カ所あいているのが見えるけど、何のためにあけてあるのかは不明。そのスジの専門家が見れば合点がいくのかもしれないが、僕のようなド素人が見たところで「なんか汚いな〜」ぐらいしかコメントのしようがない。

僕はネックとボディの接合部に神聖不可侵な、と言って大袈裟なら、デタッチャブルネックの楽器を構成する様々な要素の中でも特別に重大なものを感じるのだが、制作者側からするとそこまでの感覚はないのかもしれない。エレクトロニクスに関しては、裏蓋のネジが硬くて開けられないのでまだ見ていないのだが、抵抗がどうのコンデンサーがどうのと言われても僕にはわからないから、見たところでブラックボックスである事に変わりはない。まぁちょっとぐらい勉強したほうがいいなとは思うんだけど。

ジミー・コッポロがネック、ボディのみならずピックアップ、回路まで、全てを自らの手で作っているのは、単純に考えて、そうしないと自分で思い描く音が手に入らないからだろう。僕の手元にあるこのLG5は、彼の理想の結晶なのだ。

|

« おもいでエマノン | トップページ | ネックポケット 2 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/41428945

この記事へのトラックバック一覧です: ネックポケット 1:

« おもいでエマノン | トップページ | ネックポケット 2 »