« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

新旧Modulus

Dscn7858

荷物の整理をしていたら楽器のハードケースが出てきた。中身は1990年製Modulus Quantum-4で、ケースも今時の樹脂製ではなくトーレックス張りの木製。ネックはトラスロッドが入っていないので調整不要、というか調整不可能なのだが、このベースギターを手に入れて以来まったく問題なし。

Dscn7859

こちらは2002年製Modulus Quantum-6。創業者であるジェフ・グルーが会社を去った後に制作されたもので(彼は1995年にモジュラス社を退社している)、90年モジュのネックの付け根にあったグラファイトネックに関する特許番号は、こちらにはない。そのかわり丸い穴が空いているのだが、ここからレンチを差し込んでトラスロッドを回すようになっている。また、コントロールノブの並び方がボディの輪郭に沿うように変更されている。

Dscn7857

90年モジュの裏側。ネックはグロスフィニッシュ、意外と皮膜の薄い塗装が施されたボディはアルダー。

Dscn7861

02年モジュの裏側。ネックはサテンフィニッシュでサラサラした手触り。ちょっぴり厚いポリ塗装のボディもサテンフィニッシュでアルダーのバック、ブビンガのトップ。上部ホーン、下部ホーンともに90年モジュよりもやや太くなっているが、それは六弦モデルだからだ。当然、重量も90年モジュより02年モジュのほうが重いのだが、ケース込みの総重量となると逆転する。樹脂製ケースは本当に軽い!

Dscn7864

年代的に最大の違いがあるのはネックそのもの(※接写撮影時、レンズによる樽型歪が生じているためネックが曲がって見えるが、実際のネックは曲がっているわけではない)。上が90年モジュ、下が02年モジュで、結晶模様がまったく異なるのがよくわかる。しかし、音に大差はない。トラスロッドの有無による音の差も…正直、よくわからないw それらの要素よりも、指板の材質による音の違いのほうがはるかに大きいと感じられる。

90年モジュの指板はコンポジット、02年モジュの指板はチェチェンという木製で、前者は指板上というか、フレット上の弦がいまどんな状態にあるかを神経質なまでによく伝える。端的に言うと、カチャカチャうるさい。後者はフレットノイズが程良く抑えられ、大人しめのサウンドだ。モジュラスはグラファイトネックの個性がきわめて強力で、ボディのトップ材がなんであろうが(モジュラスの場合トップ材は完全に装飾と捉えていい)、ピックアップやプリアンプに何を使おうが結局「モジュラスの音」にしかならない。そのグラファイトに木の指板を組み合わせることで音質のコントロールをはかっているのだろうが、02年モジュを入手したとき「なるほど、良いところに目をつけたものだ」と感心した。

以前も書いたけど、モジュラスは高級機ではない。高価格機だ。それはグラファイトという素材そのものが高価であり、加工、成形に手間がかかるからであって、決して木工に高度な技術を注ぎ込んでいるからではない。湿度調整剤を入れたケースにしまっておいて、時々出してピカピカに磨いて眺めてウットリ…なんて楽器ではない。大雨の日だろうが真夏の炎天下でのライヴだろうが、ネックの反りやチューニングの狂いを微塵も気にすることなく平気で持ち出すことができる、素晴らしいベースギターなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

PEPSIしそ

Dscn7851

新し物好きなので、コンビニで見かけて早速買ってきたペプシしそ。2007年のアイスキューカンバーに始まり、以降ブルーハワイ、ペプシホワイトと、期間限定で発売されてきたシリーズの最新版だ。ペプシの製品だから当然だが、すべて炭酸飲料である。これらはいずれもマズかったが、果たしてしそはどうだろう?と興味津々だったのだが…口が痛くなるほど炭酸がキツめなのも相まって、壮絶にマズい!!しそエキスが入ってないとか、そんなことは問題にならないほどのマズさだ。

ペプシは、これが本当に美味しいと判断して販売しているのだろか?いや、ワザとこういう味にしているとしか思えない。その理由はわからないが…何かとてつもなく巨大な陰謀が渦巻いているのではないか?と勘ぐりたくなるほど、一連の期間限定シリーズは不味い。

どんな味なのかは、一度お試しになってみてくださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

空想科学X

Dscn7758

saxyun著『空想科学X』を読んだ。ちょっと褪色した感じのいかにもな表紙にそそられるが、期待を裏切らない内容。あとがきによれば第一巻が出るまで10年の歳月を要したらしいが(4コマ漫画が4ページに7本、もしくは6ページに11本の月刊誌連載だから?)そんなことは微塵も感じさせないくだらなさが随所で炸裂する。オビに「科学のことはほっといて★」とあるように、そもそも科学とほとんど関係のない話ばかりだw

コトちゃんのひざげりに悶絶するハカセの姿が美しい。
お勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

けいおん!

Dscn7764

6月9日はロックの日!ということで、かきふらい著『けいおん!』を二巻まで購入。カバー折り返し部分に写真があるのだがこの作者氏、左利きなのだった。なるほど、だからベースの澪を左利きにしたのかと納得。

内容は、軽音楽部を中心としたゆるめの高校生活のお話で、4コマものとしても普通に面白い。『Beck』みたいに演奏シーンがガンガン出てくるような漫画じゃないのだが、それはまぁ表紙からもわかるだろうw

この漫画、男性キャラクターはクラウザーさんとか楽器屋の店員さんとか校長先生とかがほんの少し出てくる程度で、99%女の子のみ。しかしただゆるいだけではなく、「どうして4人そろって演奏するとこんなにいい曲になるんだろう」といった、音楽の核心に触れる部分もちゃんとあるのがヨイ。お勧め。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

dolipo

Dolipo1

dolipoというネットワーク高速化用のフリーソフトがあり、それが馬鹿にならない効果があると聞くに及び、インストールしてみた。起動すると、プロキシに127.0.0.1:8123という数値を入れるよう指示窓が出るので、そのとおりにする。設定はそれだけ。

これで何もしない状態の最大3倍の速度で接続されるようになる。のだが。ウチはADSLだからなのか、あんまり変化は感じられなかった。pixivなんかの画像がいっぱいあるサイトを見る時、多少早くなったような気がしないでもないっていう程度。あっでもYouTube、ニコニコ動画は、再生インジケーターが読み込み中のステータスバーに追いつくようなことはなくなった…早くなっているにちまいない! たぶんw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »