« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

携帯なおった

Dscn8682

修理に出していた携帯電話が戻ってきた。もしかしたら直らないんじゃないかと心配していたが杞憂に終わり、本当に良かった。修理の明細を見ると内部の基盤を交換したとあるが、結局のところ故障の原因は不明らしい。

この十日間は代替機を使っていたのだが、インターフェイスの煩雑さと整合性のなさに閉口しっぱなしだった。使い慣れてしまえばこれが当たり前になるのだろうが…思い当たったのは、日本車のインパネと同じデザイン語法だなぁということ。なんでもかんでも海外製品のほうが洗練されていて使いやすいなどと言う気はないけど、日本製携帯電話は「スイッチがこの場所にある意味」が希薄で、とにかくこの操作を行いたいときはココのスイッチを押せ!考えるな!覚えろ!という感じで大変野暮ったい。とは言え、普通の人はそれで何の問題もなく使えているのだから、僕の感覚のほうがズレているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

携帯修理に出す

Dscn8607

今朝docomoショップへ行って動かなくなった携帯電話をみてもらったところ、電池切れではなく、本体の修理が必要な故障だとの事。修理の際、本体に入っているデータが全部消えてしまうかもしれないと言われたが、別に大事なデータを格納しているわけでもないので問題なしと返答した。それよりも、1年半前に購入したこの不人気機種(NOKIA NM705i)の保守部品が現在ストックされているのかどうか、ホントにちゃんと修理できるかどうかのほうがよほど気になるw

ショップではすぐさま代替機を貸し出してくれて、「水濡れした場合、裏蓋を開けると見えるシールに印刷された赤い水玉模様がピンク色になるから注意して下さい」と教えられた。この水濡れお知らせシールは僕が使っているNOKIAには貼られていなかったので「へー、最近はずいぶん便利になったもんだ」と感心したが、実はどの機種にも貼られているのをこの日の夕方に同僚の携帯を見せてもらったとき初めて知ることになる。代替機は2005年11月に製造されたものだから、少なくとも4年前には水濡れお知らせシールが既に貼られていたのだ。

代替機と言ってもdocomoの場合FOMAカードを移し替えるだけで心臓部の移動が可能なので、適当な機種を選んでカードを挿せばOK。即座に自分が使い慣れた環境を手にできるメリットはきわめて大きい。ただ、NOKIA独特の操作体系に慣れ切った身としては、普通の日本製ケータイに於いて、メニューから階層を潜ったあとでどうやって戻るのか等の操作がよくわからないし、カーソルの操作も非常に煩わしく感じられる。

修理は10日ほどかかると言われたので、今は無事に戻ってくるのを待とう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

携帯こわれた

Dscn8580

アイレイ島のシングルモルトを楽しもうとした瞬間、悲劇は起きた…わけではなく、今朝ウチを出るときケータイで時刻を確認して、職場に到着して再び時刻を確認しようとしたところ、画面が真っ暗になっていた。バッテリーは昨日満タンにしておいたので電池切れは考えられないが、一応充電器で充電してみたところ、充電中の状態を示す携帯電話本体のパイロットランプが点灯しない。もちろん、電源スイッチを押しても反応無し。原因は全く分からないが、何の前触れもなく壊れるパソコンによく似ているなと思った。

明日は時間がないので、明後日ショップに行ってみてもらおう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

新曲

1

できた!
ニコニコ動画のアカウントお持ちの方は是非ご覧になって下さい。
夏休み宿題企画・Project-自爆

他の人が提出した宿題

これまでPVは絵も含めて外部委託(自分の好きな絵師さんにお願い)していたんだけど、今回は全部自分でやってみた。いきなり動画は無理なので、歌詞をタイムラインに沿って切り替えていくだけのシンプルなものにした。次は紙芝居形式の動画にチャレンジしてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »