« EUBのボディレストを固定するナットを交換 | トップページ | 音楽は自由にする »

2009年12月 8日 (火)

ブロッケンブラッド

Dscn8922

塩野干支郎次著『ブロッケンブラッド』を四巻まで購入した。それぞれに巻数の表示はないのだが、実質的には続き物。内容は、中世の錬金術師ヨーハン・シュルツの手によって科学的に生み出された魔女の血統を受け継ぐドイツ系三世の主人公・守流津健一(ブロッケンの血族と呼ばれる)が、従姉妹・四方田礼奈の手&趣味によって女装魔女っ子ヒロインとなり、健一らと同じブロッケンの血族だがその能力を悪用する者達と戦う、というもの。吉崎観音、篠房六郎、百瀬武昭あたりの漫画に共通する感覚のバカバカしさが炸裂するバカ漫画である。ちなみに健一が魔法らしき能力を使うシーンは第一話にちょびっと登場したのみで、あとはほぼ、ステッキでブン殴る事により敵を倒している。バトルシーンはだいたい1コマか2コマで終結し、描写そのものが省かれている場合もある。

第三話あたりから「女装して潜入捜査する」というパターンが始まり、これが『ブロッケンブラッド』のその後を決定づけることになる。同時に「可愛く華麗に事件解決」という当初の設定から離れていくことにもなるわけだが、別に誰も気にしないだろうから問題なし。あと、チョイ役で出ていた大沼博士とその助手の存在も忘れられていくが、そちらの方向で物語を膨らませる必要がなくなったのだろう…というか第四話以降、主人公・健一はアイドル「ノイシュヴァンシュタイン桜子」として更なる受難を被っていくのだが、この設定があまりにも大当たりすぎて初期設定が全部吹っ飛んでしまったようだ。

本作品のポイントは、主人公である普通の男子が女装せざるを得ない状況に追い込まれ、嫌々ながらも仕方なく女装しているという点に集約されるだろう。作者はその時のキャラクターの表情を実に魅力的に描いていて、巷の「こんなに可愛いのに女の子のはずがない!」という叫びも納得できようというもの。主人公・健一と周囲の登場人物との思考に於ける落差もスゴイけど。

結局ブロッケンの血族としてその能力を最も悪用しているのは健一をあやつる礼奈なんじゃないの?という気がするんだが、なぜか誰もそこには触れていないw

超お勧めです。是非一読を!

|

« EUBのボディレストを固定するナットを交換 | トップページ | 音楽は自由にする »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

面白いマンガですね
肉体派魔法少年w

投稿: 牡丹 | 2009年12月 9日 (水) 09時38分

>>牡丹さん
いや〜、これは近年稀に見るバカ漫画です!
地球の漫画はぜんぶバカ漫画になればいいと思いますw

投稿: いまいゆ | 2009年12月10日 (木) 04時30分

全部読んじゃった。
久々にこんなバカなマンガ見たww
いつまでたっても慣れないで恥ずかしがっててくれ! こんな目にあってみたい(^^*
ちなみに、ホーエンツォレルン楓がお気にです。

さて、本をどこに隠すかな(^^;

投稿: ますだ | 2009年12月15日 (火) 10時52分

>>ますださん
(・3・)エエー別に隠さなくてもいいじゃん!

個人的には、健一ママのデザインしたテルミン型携帯電話のその後が気になりますねw

投稿: いまいゆ | 2009年12月17日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/46967360

この記事へのトラックバック一覧です: ブロッケンブラッド:

« EUBのボディレストを固定するナットを交換 | トップページ | 音楽は自由にする »