« 白金懐炉 | トップページ | Zippo Handy Warmer »

2010年1月10日 (日)

ISA Two

Dscn9128

Focusrite ISA Oneを使い始めてから10日あまり経った。いまのところ、持ち運びの手間以外に問題は見当たらない。ステージではまるっきりDIと同じ使い方をしているので接続方法は至ってシンプルだが、取扱説明書によると他にいくつか接続方法があり、様々な使い方ができるようになっている。

アンプ直結こそが良い音を得る最良の手段だ!と頑に信じ込んでいた僕だったけれど、考えを改めざるを得ない。チョッケル=楽器の出力端子+アンプ(またはPA)の入力端子=接点2カ所、プリアンプを挟んだ場合=楽器の出力端子+プリアンプの入力端子+プリアンプの出力端子+アンプ(またはPA)の入力端子=接点4カ所、という具合に、プリアンプを使うと接点が倍になるからそこを通過する音楽信号の損失も大きい…はず。しかし現実は、電気関連ド素人の自分が考えているほど単純な話ではなかった(そりゃそうだ)。

アンソニー・ジャクソンがギター用/ベース用の機材を離れてスタジオ用の機材にいった理由、よくわかった。

|

« 白金懐炉 | トップページ | Zippo Handy Warmer »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISA Two:

« 白金懐炉 | トップページ | Zippo Handy Warmer »