« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

Oyaide d+

1

オヤイデ電気のオーディオ用USBケーブル、d+ class Sを購入。ルックス的には被覆が派手な緑色をしたclass Bが気になっていたんだけど、せっかく導入するのであれば手が出せる上限の物をと思い、class Sを選んだ。もちろん、iMacとMbox2(オーディオI/O)を接続するためのものだ。

楽器用のケーブル、プリアンプとMbox2をつなぐXLRケーブルはそれなりのものを揃えてきたけど、Mbox2とiMacとの間でデータのやり取りをするUSBケーブルは手つかずのままだった。要するに、機材を買ったときにオマケでついてくるUSBケーブルを使っていたわけだが、せっかくiMacも新調したことだし少しでもいい音で録音できるならと考えてd+に手を出した次第。

d+は普段目にするUSBケーブルとは異なり、かなり太くて硬い。そのため取り回しが大変で、頻繁にコネクターを差し換えるような使い方は無理だろう。長さが70cmしかなくて普通に接続すると完全に空中配線になってしまうのだが、このケーブルを支えるためiMac背面にBackPackという小型の金属製シェルフを取り付けた。

さて、肝心の音質はどうなのか?結論から言えば、間違いなく向上する。録音したものを携帯プレイヤーに移して聴いてみるとその差は一目瞭然だ。携帯電話のカメラで撮ったスナップショットと、デジタル一眼でプロのカメラマンが撮った写真の違い、そのぐらい差が出る(あくまで比喩的に、ですけど)。別に今までの音質に不満があったわけじゃないにせよ、この違いを知ってしまうともう元には戻れない。ひとつひとつの音がハッキリ聴こえるようになるから、演奏のほうもますますゴマカシがきかなくなり、耳も技も鍛えられるわけだ。

次はFurutech GT2を試してみようかなw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »