« MONO M80 Vertigo Bass Case | トップページ | Fender C/S 1955 Precision Bass »

2014年3月14日 (金)

Modusのキャスター交換

W800

Modusのキャスターが経年劣化でボロボロになってきたので、Wilkhahn Japanに送ってもらった。キャスターは1個500円なのだがあいにくの離島住まい、送料が支払い総額の4割を占めるという有様。しかし、ガタついた椅子を使い続ける不快感を考えれば選択の余地はないのだ。

これまではソフトタイプのキャスターで使っていたのだが、ハードタイプはどんなもんかなと思ってハードタイプを発注。以前のアパートは板の間だったが、今の部屋はカーペットタイルを敷いているのでハードタイプのほうが合うだろうという目論みだが、果たして新しいキャスターに交換してみても新旧の差異はあまり感じられないのだった。

ユーザーの手で交換できるようになっているとはいえ、キャスター交換は骨が折れる。古いキャスターを外すと金属製の芯棒が椅子の脚側に残るのだが、これを引っこ抜くのが大変で、2個まではどうにかいけても、そのあとどんどん握力が落ちてゆくのに連れて交換ペースもどんどん落ちてゆく。

新しいキャスターを差し込むのもなかなか難儀で、とにかく力が必要だ。プラスチックハンマーで軽く叩き入れて、と説明書にあっても、全然軽く入らないじゃないの…。1人でぶつくさ文句を垂れながらも、どうにかこうにか仕上げた頃には汗だくになっていた。ま、これでまた何も気にすることなく椅子を使い続けることができるのなら、この程度の手間はお安い御用というものだろう。Wilkhahnの新作(というには発表からだいぶ時間が経っているけど)Onも気になるところだが、当分はModusでいこう。

|

« MONO M80 Vertigo Bass Case | トップページ | Fender C/S 1955 Precision Bass »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

modulusに見間違えました(笑)。
メーカなくなっちゃいましたね・・・。

投稿: たーみー | 2014年3月14日 (金) 09時42分

えええええええ????!!!!まじで??????
今の今まで知らなかった…(;;)

創始者ジェフ・グルーは元気に作ってるっぽいですが、Modulus社が消滅してしまうとは、まさかのまさかです。これも時代の流れってやつなのか…無常也。

投稿: imaiyu | 2014年3月22日 (土) 02時12分

初めまして。
私のfs-lineも同じような状態になりまして、キャスターを注文して、交換作業に取り掛かり、なんとかベース部分に食い込んだピンを外したのですが、新しいキャスターがどうしても装着できません。先端から5mmほどのところにあるスプリングワッシャーから後がハンマーで叩いても挿入されないのです。
wilkhahn japan へ電話しても、かなり力を入れれば入りますの一点張り。
いまいゆ様の記事に励まされて、もう一度挑戦します。

投稿: | 2016年11月10日 (木) 17時07分

返信遅くなってしまい、すみません。
構造上、荷重が大きくかかる部分だけに頑丈に作られているのは分かるんですが、ユーザーの手で交換可能な部品ということであれば、交換の手間ももう少し考慮してほしいものですねー。

投稿: imaiyu | 2017年1月12日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/59288214

この記事へのトラックバック一覧です: Modusのキャスター交換:

« MONO M80 Vertigo Bass Case | トップページ | Fender C/S 1955 Precision Bass »