« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月21日 (水)

Trickfish Bullhead1K + SM110、シェイクダウン

Img_1455
50人程を収容するレストランにて、Trickfish Bullhead1K(アンプヘッド)とSM110(スピーカーキャビネット)を初使用。SM110は45度傾けて設置できる金属製の脚を底面に備えているのだが、傾けた状態で上にアンプヘッドを乗せると後方へ滑り落ちてしまうため、今回はUltimateのアンプスタンドAMP-150を併用した(Trickfishでは滑落防止用の専用スポンジ台をオプションで用意している)。

最大出力1000W(8Ω)のアンプヘッドに対して、耐入力300W(8Ω)10インチスピーカーのキャビネットの組み合わせではスピーカーユニットを飛ばしてしまいそうでハラハラしたが、特に問題はなかった。ベースはModulus Quantum-6で、これにxotic SP compressorを挟んでアンプへ接続。インプットゲインを3時あたり、マスターボリュームは2時あたりにすることで十分な音量が得られた。バンドの編成はドラム、ベース、キーボード&ボーカル、ギター&ボーカルで、カントリー・ロックを演奏。ただし、バンド全体の音量はハードロックバンド並みのデカさだ。

Bullhead1K + SM110のサウンドはEQがフラットな状態でも図太い。近年のベースアンプが高域〜超高域までをキレイに出そうとしてきたのに対して、Trickfishは高域方向の伸びはほどほどにしておき、再生する周波数を中低域寄りに振っている印象だ。所謂「原音忠実」ではない:電気楽器の「原音」って一体何なのという話はさておき、入ってきた音をそのままストレートに出力するのではなく、低域がぐんと増える感じだ。中低域の密度が高いがそれでいて音が濁らず歯切れよく、自分が何を弾いているのかきちんと聴き取れ、低音がグイグイ来る!これは実に快楽度が高いではないか…ベースサウンドはこうでなくては。

軽量に設計されている点も素晴らしい。いまどきのデジタルアンプ&ネオジウムのスピーカーだから、とはいえ、アンプヘッドが3kg未満、キャビネットが10kg未満という重量は、実際に手に持ってみると驚かざるをえない。搬入搬出がとてつもなく楽になって、演奏前に握力を失う心配も運搬中に腰痛を起こす心配もない。

ステージで使ってみて不満なところはひとつもなかった。LEDが光るヘッド+レトロなデザインのキャビはルックスもいい。NDロードスターの積載範囲を超えてしまうが、もう1個キャビを追加したら更に出力に余裕が得られるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »