« NAZCAスタインバーガー・ベース専用ケース | トップページ | クルマで生活が変わる »

2018年4月26日 (木)

KOMINE SA-223

Trunk

NDロードスターのトランクに、TrickfishのスピーカーキャビネットSM110とアンプヘッドBullhead 1Kを入れたハードケースが格納できない。いずれか片方ずつであれば何の問題もなく入るのだが、両方一緒に入れようとすると、アンプヘッドを入れたハードケースの角がはみ出してトランクリッドに干渉して蓋を閉められないのだ。アンプヘッドをハダカの状態にすれば格納可能だが、ロードスターの硬いサスペンションでクッションがなにもないトランク内に置いて移動中ずっとガタガタ揺られるっていうのは、さすがに怖い。

そこで、アンプヘッドをソフトケースに入れることにした。生地は薄手でしかしそこそこプロテクション性能があるもの…となるとモノは限られてくる。

Komine1_2

KOMINEというバイク乗り用バックパックを作っているメーカーのカバンが良さそうだったので、見た目と容量で購入。ナイロン生地にラバー素材をコーティングしてあり繋ぎ目がない(溶着されている)ので防水性も高い。生地はペラペラに薄いのだが、ヤワそうな見た目に反して手触りは非常に頑丈で、ゴムゴムしていることからクッション性もちゃんとある。容量は14リットル、Bullhead 1Kがギリギリで入って電源ケーブルとスピコンケーブルも押し込んでおける。

Komine2

まるであつらえたかのようにキツキツ。落下させたらアウトだろうが、それさえ注意しておけば格段に運搬は楽だ。ファスナーは止水ファスナーが採用されている。

Komine3

当然ながら、ロードスターのトランク内にキャビと一緒に余裕で入る。一時はアンプヘッドをバスタオルでぐるぐる巻きにして運んだりもしていたが、タオルの間からアンプヘッドが滑り落ちそうになり肝を冷やした事が何度かあった。第一、見た目が相当怪しい。それと比較するまでもなく、KOMINE SA-223はスタイリッシュでとてもよろしい。

|

« NAZCAスタインバーガー・ベース専用ケース | トップページ | クルマで生活が変わる »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/66651254

この記事へのトラックバック一覧です: KOMINE SA-223:

« NAZCAスタインバーガー・ベース専用ケース | トップページ | クルマで生活が変わる »