« STEINBERGER XL2 | トップページ | KOMINE SA-223 »

2018年4月25日 (水)

NAZCAスタインバーガー・ベース専用ケース

Case

Steinberger XL2用に使っているNAZCAのケース、外観は釣り用具入れにしか見えないが、ちゃんとした楽器用のケースだ。外部ポケットは必要最小限の小物しか入らないが、ご覧のようにケース内部には空間が多少あるので、もうちょっと小物類を入れることも可能…とはいえ、あまりアレコレ詰め込むのも野暮。せっかくだからこのミニマルな世界を楽しみたいものだ。いまのところ楽器のサウンドがあまりにも素晴らしく、アンプ直結で弾いているので、3mないし5mのケーブル1本、ストラップ、クリップ型チューナー、クリーニング用クロス、耳栓を入れている。

ケースのボトム部分、外装にはゴム脚も何も付いておらず、また、ケース内部もベルポーレン製プロテクターが敷いてあるもののケースを床にドスンと置いた際、楽器テール部分に掛かるであろう外力(=自分のラフな扱い方)を考えて、ウレタン製のクッションを追加した。XL2は床に直置きする時チューナーのつまみがギリギリ床と接触しないようデザインされてはいるものの、床の形状や楽器を置く角度によってはチューナーが床と接して長軸方向に対し横向きの負荷がかかることがあるため、極力テール部分を保護するようにしたいのだ。もちろん、楽器本体にも目立たないよう黒いゴム脚を貼ってある。

ケース内部は何もないように見えるが、ネック部分のクッション材が盛り上がっているので、ネックピローを追加する必要はない。この部分にベルクロがあるのでネックをしっかりと固定できる。もともとこのケースはSteinberger Synapse Bass用ということで小振りなXL2は余裕で格納できるが、ネック固定用のベルクロがあるお陰でケース内部で楽器がガタつくようなことはない。

XL2を購入して一ヶ月半が経過した。XL2は本当に素晴らしくて文句の付け所がないベースで、正直、29年前に作られた楽器にこれほど感激するとは自分でも思っていなかった。いろんなベースを弾いてきたからこそコレの良さが分かるのかもしれないし、また、他の人にオススメするようなベースでもないけれど。

ステッカー・チューンでもしようかと思って何枚かステッカーを買ってみたものの、いざ貼ろうとすると躊躇してしまい、結局貼れないままでいる。XL2の黒一色で無愛想なデザイン、このままで途轍もなくカッコイイからだ。なので、ストラップを付け替えることで見た目の変化を楽しんでいる次第。

|

« STEINBERGER XL2 | トップページ | KOMINE SA-223 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/66650293

この記事へのトラックバック一覧です: NAZCAスタインバーガー・ベース専用ケース:

« STEINBERGER XL2 | トップページ | KOMINE SA-223 »