« KOMINE SA-223 | トップページ | 電子譜面 GVIDO »

2018年4月26日 (木)

クルマで生活が変わる

S800

沖縄はクルマ社会だ。公共交通機関はバスが主で、モノレールは那覇市周辺に限定されており、あとはタクシーかバイク、または自家用車での移動となる。亜熱帯の気候ゆえか自転車に乗る人は多くない。将来的には那覇〜名護を結ぶ鉄道が敷設される計画もあるけれど、当面はクルマが交通手段の大半を占めるだろう。

そんなクルマ社会だから、自分の普段乗るクルマが生活に及ぼす影響は大きい。自分のことで言えば、楽器演奏が生活の一部となっているというのに、なんで荷物を積めないような小さいクルマを選んでしまうのか。かつてはワゴンに乗っていた時期もあって、ドラムのフルセットを含むバンド演奏で使うほぼ全ての機材を積み込んでの移動が可能であり、すこぶる便利だった。しかし、今は「それほど便利でなくてもいいのではないか?」と考えるようになり、機材は必要最小限で事足りると割り切るようになった。実際、ドラムセットを運ぶような機会はこの10年でゼロ、あったとしてもドラマーに任せればいいだけの話…そう、自分一人で全部やろうとしなければどうにかなるのだった。

今乗っているNDロードスターは走るためのクルマ=スポーツカーであり、荷物を運ぶ用途はあまり考慮されていない。スポーツカーでも例えばトヨタの86みたいに四座であれば相当便利だろう。サーキット走行のため後部座席を設けてタイヤを積めるようにした、という話だが、無論実用上の問題を鑑みて四座にしたことは想像に難くない。自分の場合、所有して乗るクルマはロードスター以外興味がなかったので、ファミリーユースとかそういうことは全然考えなかった。我が子はもう成人して運転免許もありクルマも持っているから、わたくしは趣味まっしぐらでOK!二座のオープンカーでいけるだろう、と思ったわけだ。

しかしいざNDロードスターが納車されると、二名乗車した場合ベースギターが積めないという現実に直面することになる。この時、ベースアンプについてはトランクに入るサイズのものを既に入手していたのだが、楽器には考えが及んでいなかった。どうにか積み込めるだろうと思っていたのが、どうやっても積みこむことができない。悩んだ末に中古のSteinberger XL2を購入するわけだが、飽きっぽくて新しもの好きな自分としては格好のオモチャが手に入って大はしゃぎ、という趣きで、結果オーライとなった次第。

おかげで演奏の際に持って行く荷物が大幅に減り、「ハァー、撤収する時は大変だなぁ〜」などと憂鬱なことを考えなくて済むので、音楽と演奏に集中できて楽しい。体力的にも精神的にもラクだ。そのうえ、運転が楽しいクルマが楽しさを増幅してくれるんだから言うことなし!

あとは譜面かな。セッションごとに持って行く譜面ファイルを選択&交換したり、何を演奏するかわからない時はたくさんの譜面ファイルを持って行かなくてはならないのだが、これを電子譜面にしたらコンパクトで楽になるんじゃないかと思っている。

|

« KOMINE SA-223 | トップページ | 電子譜面 GVIDO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509732/66654342

この記事へのトラックバック一覧です: クルマで生活が変わる:

« KOMINE SA-223 | トップページ | 電子譜面 GVIDO »