« AET EVO-0605SHRF cable | トップページ | Jerzy Drozd Legend 5 »

2019年2月18日 (月)

D'Addario NYXL

Nyxl4

Steinberger XL2、E線の音抜けが悪くなってきたので弦を交換した。ダダリオのNYXL、スタインバーガー専用のダブルボールエンド仕様の弦だ。NYXLは発売された当初ギターに張って使ってみたところ大変良かったのでベースにも使い始めたのだが、特にXL2とは相性がいい。

XL2はA線が元気いっぱいなのに対してE線がおとなしすぎて、音量の落差も大きい(このあたりに設計年次の古い楽器らしさが感じられる)。弦がヘタってくるとその音量差がより顕著になり、E線を弾くときにピッキングを強くしても音が潰れるだけで音が抜けなくなってしまう。弦が新品だと、E線を強めに弾くことでバキバキした音を出して、A線との音量差を音質差で補うことができるのだった。

Nyxl

古い弦を張ることでしか得られないサウンドも確かにあるのだが、それはそういう音が必要とされるジャンルでそういう楽器を使えばいい。XL2には新品の弦がよく似合う。それから、楽器が古いからといって同年代のベースアンプで鳴らしたのではXL2の本当の姿を知ることはできない。最新鋭のベースアンプこそ、XL2が真価を発揮できる舞台なのだ。

新しい弦のメリットはたくさんある。柔らかい弾き心地、抜けのいい音、広いダイナミックレンジ、ピッキングに対する音の追従性、表現力等々。うん、メリットしか思い浮かばないな。じゃあデメリットは?ズバリ、お金がかかることでしょう。楽器を使う頻度にもよるけど短くて2ヶ月程度で張り替えの必要に迫られるわけだが、ダブルボールエンド仕様のNYXLは気軽に買える値段とはいえない。しかし、弦は消耗品であるのと同時に楽器の一部なのだ。僕は快楽を得るためにベースを弾いている。それなら、ヘタった弦を我慢しながら使うことには何の意味もない。苦行したいわけじゃないからね。プリアンプやエフェクターにはポンポンと高い代価を払うのに、音を出す大元である弦はケチるって、奇妙なことじゃないか?新しい機材を買うお金があったら弦を買いだめしたほうが楽しめるぞ…と、自分に言い聞かせるのだった。

|

« AET EVO-0605SHRF cable | トップページ | Jerzy Drozd Legend 5 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D'Addario NYXL:

« AET EVO-0605SHRF cable | トップページ | Jerzy Drozd Legend 5 »