映画・テレビ

2017年9月 7日 (木)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

U8

シネマ・ライカムで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観てきた。箱の音響があまり良くなかったけど、映画本編は良かった。これがそんなに興行収入が振るわない映画なのか?というのが正直なところで、とてもわかりやすく良い内容だった。

------------以下ネタバレ------------

母親の再婚とともに夏休み中の引っ越し&転校が決まったなずなは、気持ちの整理がつかず、しかしクラスメートにも言えず悶々。自分に好意を寄せる男子の存在に気づいてはいたが、向こうから何かアクションがあるわけでもなく、何も変わらぬ日常。
夏休みの登校日、プールでたまたま顔を合わせた男子二人、その片方に特に思い入れもないのだが、今夜花火大会に一緒に行こうと持ちかける。なずなは事前に、プールで競争して勝った方を誘うと自分で決めており、主人公・典道が勝ったらいいなと思っていたのだが、結果はご覧のとおり。
なずなは気乗りしないながらもとにかく家に帰って浴衣に着替えて、旅行用のトランクに荷物を詰め込んででかける。典道の家にではなく、プールで勝った典道の友人・祐介の家に、だ。プールでのターンの際、足をぶつけて怪我をした典道は、祐介の家(医者)へ治療に訪れる。祐介は家に戻らずにそのまま他の友人達と花火見物に出かけてしまう。なずなに花火を見に行こうと誘われたのに、なにか照れくさいのか、すっぽかしたわけだ。
祐介の家で鉢合わせしたなずなと典道は、そのまま外へ出て歩く。なずなが大きなトランクを引いていることに気づく典道だが、そのときなずなの母親が家出を知って連れ戻しにやってくる。なずなが母親に引きずって行かれるのを典道は呆然と見送るだけで、何もできないのだった。
そこで思わず典道は、なずなが海で拾ったというガラス球をぶん投げる。すると、「ここでこうしたらよかった」と彼が思う時点に世界が戻る。うまく足をぶつけずにターンを決め、プールでの勝負に勝った彼は、なずなから花火を見に行こうと誘われる。「え、なんで?」祐介の時は「好きだから」と言っていたなずな、典道の時は「勝ったから」という理由を告げるのだった。
約束の時間、なずなは典道の家にやってくるのだが、典道の部屋には祐介が一緒にゲームをしている。どうする?適当にはぐらかして、典道はなずなを自転車に乗せて家を離れる。それに気づいた祐介は大いに悔しがるのであった…あれ?自分の時は約束すっぽかしたくせに?
駅に辿り着いたなずなと典道は、なずなに駆け落ちしようと迫られる。急にそんなこと言われたって何の準備もしてないし無理なんじゃ、と戸惑う典道だが、そこへなずなの母親とその再婚相手の男が駆けつけ、典道は殴り倒されてなずなは連れ戻される。
ここでまた時間が戻って、今度は典道は男のパンチをかいくぐり、なずなと電車に乗り込むことに成功する。しかし、電車に乗っているところを踏切を通過する時に友人たちに見られ、線路沿いにクルマで追いかけてくる母親にも見つかってしまい、次の駅で追いつかれる。なずなと典道は灯台へ逃げ込むが手詰まり状態。そこでまた時間が少し戻って、今度は踏切でも線路沿いの道を走るクルマからもうまく姿を隠して逃げおおせる。なずなと典道は2人だけの世界へ。
夕闇が迫る海の上を走る電車の中、典道はなずなに「やり直した」ことを説明するのだが、なずなには何のことなのか理解できない。夜の海、なずなは下着になって泳ぐ。一瞬沈んだなずなを追って典道も海の中へ飛び込む。ここで、ようやく2人はお互いの心の中を知ることができたのだった。
夏休みが終わり、朝の出席をとる先生。なずなの名前は呼ばれない。典道は今日は休みなのか、返事がない。

…で、終劇。

僕は、最初の「やり直し」になった時点で、これは主人公の心象風景なのかなと思っていた。ヒロインの家庭事情がわかると、彼女が相手なんてだれでもいいと自暴自棄気味になっているように見えるし。まぁ全体を主人公の心象風景を映像化したものと捉えてもいいのだが、本当に時間をやり直している、と捉えたほうが漫画らしい。
ポイントポイントで出てくる花火のシーン、平らに広がる花火、花びらのように展開する花火、そんなものは現実にはあり得ない映像で、つまり、現実ではなく幻想だ(登場人物たちもそう言っている)。だがこれを、単に主人公の心象風景にすぎないと切り捨てるのは少々つまらないではないか。あるいは意地が悪すぎるというか。
現実には起こりえないことを描けるからこその漫画。時間は寸毫も巻き戻りはしない。それはわかっている。なずなの見せる素晴らしい表情は典道の彼女に望む姿にすぎないと、そう考えるのはあまりにも現実的に過ぎる。僕がもう歳を取り過ぎたのかもしれないけど。
典道は「ああすればよかった」という強い思いによって、謎のガラス球によって、やり直しをすることができた。しかし、中学1年生にとってやれることには限界があり、それがこの物語を現実に繋ぎ止めている枷でもあったのだろう。オトナに対して何の力も持っていないコドモにすぎないという現実。東京に2人で行って暮らそう、年齢をごまかして水商売でもやって。そう話すなずな自身にもそんなことは不可能だと分かりきっていた。それでも、一緒に行こうと行ってくれる相手が欲しかった。それが典道だったら良かったと彼女は思っていた。そう、典道が「やり直し」することで、なずなもまたやり直せていたのだ。こうしたい、こうありたいと思った未来へ、なずなも進んでいったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

魔法少女まどか☆マギカ 新編・叛逆の物語

Mm800

先週に続いて、美浜7プレックスで2回目を観てきた。上映中の作品を2回観に行ったのはこの映画が初めてだ。衝撃はやや薄らいだものの、内容の素晴らしさ、狂気渦巻く圧巻の映像表現は変わることもない。上映前に、先週はファイヤー・シスターズに、今週は真宵ちゃんにネタバレ注意を受けたので、以下の記述、映画本編未見の方はご注意を。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
初めてまどマギを見るという人には、よくわからない内容だったと思う。前回の劇場版2作『はじまりの物語』『永遠の物語』を一度見ておけば問題なし。ということは、前回の劇場版が面白いと感じられなかった人は『叛逆の物語』を観ても全然面白くないだろう。TV版も同様だ。新登場のなぎさは、うーん、正直必要ないんじゃないかと思うけど(ほむらとマミがドンパチ始めるきっかけにはなったものの、ストーリーに影響を与えるような存在ではないから)、ネットではお菓子の魔女・シャルロッテの正体があれこれ取り沙汰されていたのを、せっかくなので公式化したのかな。これもファン・サービスのひとつってことで。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
まさしく初っ端から「これが見たかったんでしょ?」と言わんばかりのファン・サービスの連続だった。5人が連携して戦う魔法少女たち、平和で楽しい学園生活、突如始まるガン・アクション、黙示録の描写さながらに一瞬にして崩れ去る日常と偽物の世界、火車を暗示するかのような燃えるバス、個人的には最も衝撃的だった魔女化するほむら(その姿があまりにほむらの心情ドンズバすぎて、よくまぁこれほど的確に少女の内面世界を映像化したものだと驚嘆)、ほむらを救うために「円環の理」から使わされた使者・さやかの活躍、そして…。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
まどかによる救済ではなく、神と人間のまどかを分離して人間のまどかだけを我が物とすることを選んだほむらだったが、ほむらは自らの手と意思で再構成した新しい世界に入り込めない。「悪魔」と自称する彼女は、それが虚構だと知っているからだろうか。理想郷であるはずの「銀の庭」のまどかは決してほむらの思いどおりになってはくれず、「まどかと二人で手をつないで歩く」というささやかな望みさえ叶わない。「ルールを勝手に変えるのは良くないと思う」と言い飛び立っていこうとするまどかに、ほむらは、まどかから貰ったリボンでまどかの髪を結い、目に涙を浮かべながら「やっぱりあなたのほうが似合う」と呟くしかなかった。まっぷたつになった世界で、ほむらは1人、自分の心を相手にダンスを踊る…あまりにも哀しいラストシーン。最後に、固く閉じられた窓が闇に浮かび、消え、終幕。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
この世に存在する・した魔法少女すべての救済を望んだまどか、まどかただ1人を救いたかったほむら。『はじまりの物語/永遠の物語』は前者を、『叛逆の物語』は後者を描いたドラマだった。単純にどちらが良い悪いという二元論に着地しないのがまどマギのまどマギたる所以だろう(自分の欲望を貫いた結果とはいえ、災厄の源でありまどかの制御をも目論んだインキュベーターを人類から遠ざけたほむらの功績はきわめて大きい。同時に、まどかが命の代償に作り上げた魔法少女救済システム「円環の理」は不要となってしまうのではないか、等々、善悪が混在した複雑な世界を形成している)。見る人によって様々な考察、解釈が行える余地が残されているわけだ。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
まどマギ劇場版、前回の上映からおよそ一年。あれほどキレイに完結した物語の続編を一体どう作るのか?観に行こうかどうか、迷った。迷いに迷って、他人がどのような評価をしようとも自分の目で見なければ始まらないという当たり前の結論に達し、観に行ったわけだが、思い切って観て本当に良かった。終わっても声が出なかった。絶句(場内もシーンとしていた)。こんな映画は滅多にない。軽々しく言う言葉ではないが、やはり十年に一度の傑作だ。
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
おまけで貰ったフィルムは、二つ並んだ椅子でまどかが立ち上がっているカットだった。最後のシーンに繋がる重要な場面なので、自分的には大当たり(ラストは、まどかがいた側の椅子もろとも世界が半分なくなっている)。エンディングで不安定な線画で描かれた、手を取り合って走り去ってゆく2人の少女の姿こそ、ほむらが夢見た世界だった。しかしたったそれだけの願いも、悪魔になろうが宇宙の法則を書き換えようが決して叶うことはなかった。人の心まではどうにもできないのだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

魔法少女まどか☆マギカ 永遠の物語

1mm

水曜日に続き、美浜7プレックスで劇場版まどマギの後編『永遠の物語』を観てきた(前編は引き続き朝の部で上映中なので、午前に前編を観て午後に後編を観るということも可能)。昨夜のうちにネットで座席の予約状況を見たところ、1/3も埋まっていなかったので予約はせずに当日券で観劇することにしたのだが、さすがに12月1日は映画の日だけあって大混雑。空席は最前列しかなかったので、最前列のド真ん中に座ることになった。

視野全部がスクリーンという状態で、動きの多い場面では酔いそうにもなったが、そのぶん物語世界に没入できた。テレビ版と大きく異なったのは、さやかと杏子の死後にほむらがキュゥべえと話すシーンが、劇場版では自室ではなく墓地での映像になっていたこと。この効果は強烈で、ここから先の絶望的な展開を暗示する良質な改編だったと思う。前編がまどか視点で進んできたのに対し、後編ではほむら視点に移行していることを観る側に伝える意味も大きい。

物語が佳境に入り、客席のあちこちから泣き声が聞こえてくる。隣りの席に座った50代なかばとおぼしき男性も泣いている。そりゃそうだろう。前編ではなんとか堪えることができたけど、後編はもうダメだ。僕も目からポロポロ涙が流れた…上着の内ポケットにティッシュを用意しておいて良かった。

テレビ版を見終わった時は、伏線をあまさず回収してしかもこれ以上ない終わらせ方をしていたので、あまりにも隙がないというか、すべてにキッチリとケリを付け過ぎているんじゃないか?というある種贅沢な不満が残ったのだが、こうして劇場版でストーリーを通して観ると、大団円を迎えて良かったという印象だ。ハッピーエンドか否かは観た人それぞれで意見が異なるだろうが、少なくともデッドエンドではない。ラスト、ほむらの広げた黒い翼が画面を覆い尽くしてまどかから渡された赤いリボンが落ちるシーンは、ビターな余韻を残し何度観ても泣ける。

漫画文化&アニメーション文化が成熟した21世紀の今の日本だからこそ作り得た、そして支持を得ることができた、10年に一度の傑作。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

魔法少女まどか☆マギカ劇場版

『魔法少女まどか☆マギカ劇場版』、前編の上映期限が今週の金曜日まで、土曜日からは後編の上映となるそうで、遅まきながら、美浜7プレックスへ前編『始まりの物語』を観に行ってきた。平日だからか、沖縄ではそもそも『まどマギ』本編が放送されていないこともあってか、場内の席はほとんどガラガラ。一番前に座ってみたかったけど、音がやかましいかもという危惧とスクリーンが視野からハミ出しそうなので、最前列ブロックから一段高い通路を挟んで2ブロック目の最前列に座ることにした。

内容はテレビ版のダイジェストで、第8話までが上手くまとめられている。序盤のいかにも魔法少女アニメっぽいファンタジックで明るい雰囲気は、途中から坂を転げ落ちるように暗鬱とした展開へと移行していくのだが、実際には既に家の間取りや風景描写で異様なムードは演出済み。こうして続けて観ると、物語が非常に精緻に構築されているのがよくわかる。あの結末を知った後で改めて観るのと、初めて観るのとでは捉え方に色々な差があるだろうな…初見の人はあの衝撃を味わえるんだと思うと、羨ましくもなる。

7プレックスへ行く前に、コンビニに立ち寄ってポケットティッシュを買って上着のポケットに入れておいた。たぶん、泣くだろうと思ったからだ。今日はギリギリなんとか、顔を上向きにして涙をこぼさずに済んだけど、後半(特にラストシーン)を観たら間違いなく鼻水たらしながら泣くだろう。

時間的に難しいのかもしれないが、できれば『ベン・ハー』のように、休憩を挟んで前編と後編を一挙上映してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

12 TANGOS

Dscn5581

2004年にアルゼンチンのブエノスアイレスで撮影されたドキュメント、『12タンゴ』をDVDで観た。2001年1月、アルゼンチン政府は財政破綻を宣言し「囲い込み政策」により突然国民全ての銀行口座を凍結。アルゼンチンの人々はある日いきなり一文無しになり、着の身着のままで放り出されてしまったのだ。そして失業。国内にはもはや仕事がなく、国外へ出稼ぎに行くしか生きる道がなくなってしまった。
大統領府や銀行に押し寄せ抗議する人々、叫ぶ人、投石する人、それに対して警官隊が鎮圧にかかって威嚇射撃したり催涙ガス弾を撃ったりする衝撃的な映像もある。
家族のため、家のローンを払うためスペインに渡ろうとする母親、ヨランダ(年齢は明らかにされないが50代と思われる)。国内で稼いだ金ではタンゴシューズすら買えない、自国より高く評価されるヨーロッパへ旅立とうとする20歳の若きダンサー、マリセラ。彼女のダンスパートナーでありかつて世界中を巡業した71歳のダンサー、ロベルトは死ぬまでこの地にとどまりたいと願う。この3人の姿と思いを軸にした作品で、タイトル通り合間合間にタンゴの演奏&舞踏シーンが挿入される。

政府の囲い込み政策は2006年にようやく解除されたが、なんともやりきれない話だ。本作のサブタイトルは「ブエノスアイレスへの往復切符」だが、「片道切符」にしたほうが合っているのではないかと思える内容である(原題は「さよならブエノスアイレス」)。
1年後、ヨランダはまだ家族の顔をみることもできず掃除婦の仕事を続けている。ロベルトは61年間住んだ家を売却してブエノスアイレスを離れ、コテージで暮らしている。マリセラはアメリカへ渡るビザを申請中。そう、マリセラだけが往復切符を手にする事ができたのだ。

愛する家族との分かれ、励まし、あまりにも厳しい現実、しかしそれでも人々は生きていかなくてはならない。もちろん、今は誰もが楽に生きていけるような時代ではないのだが、過酷な暮らしの中でも笑顔を忘れない彼ら彼女ら…ギュッと噛み締めたい映像作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)