美容・コスメ

2012年6月21日 (木)

爪ヤスリ

1nf

次回の同人イベント準備にと100円ショップに立ち寄ったところ、お目当てのイーゼルは無かったけれど、ガラス製の爪ヤスリを見つけた。1本しかなかったので即購入。数年前に購入した爪ヤスリは中国製だったけど、今回のは韓国製。Hardという表記は、要するに「粗め」という意味らしく、それは開封してヤスリに触れた瞬間にわかった。足の爪、あるいは男爪向きとでも言おうか。

写真は、上から下へ:韓国製爪ヤスリ、中国製爪ヤスリ、大きさ比較用のクルトガ。中国製のものに貼ってある銀色のシールには「チェコ産の強化ガラスを使用している」という能書きが印刷されていたのだが、使っているうちにほとんど字は消えてしまった。韓国製のものには、原材料は特に記載されていなかった。透明な紫色がなかなか美しい。

僕がガラス製の爪ヤスリを使うのは、普通のクリップ型の爪切りでカットしたあと切断面を丸める用途でしょりしょりと削るのがほとんど。表側から10回ほど軽くヤスって、裏側から1〜2回ヤスる(深爪すると裏側からヤスれないので深爪しないように気をつけている)。ベース、ギターを弾く際に(もちろんコントラバスのピチカートでも)フラットピックを使わず指で弾いていることもあり、クラシックのギタリストほどではないにせよ、爪のコンディションにはそこそこ気を使っている。クリップ型の爪切りについているヤスリでは、目が粗すぎるのだ。文字通り、粗研磨にはいいけれど。

今日購入した爪ヤスリは中研磨といったところだが、これでフィニッシュしても気にはならないだろう。ただし、より滑らかで快適な仕上がりを、というのであれば、細研磨用を1本持っておいたほうがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)